名古屋まつりの日に無料開放される施設は?お得に周る方法も紹介!

お出かけ

2023年(令和5年)の名古屋まつりの日が決まりました。

第69回の名古屋まつりは

10月21(土)・22日(日)の2日間開催されます。

 

まつりのメインは、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が                               約600人を従えて練り歩く「郷土英傑行列」

その他、山車や神楽屋形、ナナちゃん隊、フラワーカーパレードなどの行列があります。

また、久屋大通公園、オアシス21、大須商店街など各会場でイベントが行われますが

名古屋まつり開催に伴って

市内の施設12か所を無料開放も実施

 

それらの観光施設の無料開放も楽しみのひとつです。

 

当ブログでは、名古屋まつり2023の日に無料開放される各施設の紹介と

施設をお得に周る方法を紹介します。

何かの参考になれば嬉しいです。

 

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

名古屋まつり2023 無料開放施設は?

名古屋まつりは、名古屋の秋を彩る最大の祭りです。

有料の名古屋の観光施設も無料開放されて                      街中がまつり一色に染まります

※無料開放日は、2日間のうち日曜日に無料になる施設が多いです。

普段なかなか行く機会がなかった観光施設にも                               ぜひこの機会に行ってみてはいかかでしょうか?

名古屋まつり周辺の宿泊先はこちらから予約できます!                          ⇒    楽天トラベルで宿泊先を見てみる                                   

名古屋城 10月21日・22日無料開放

名古屋城は、例年名古屋まつりの2日間とも無料開放になっています。

2023年も10月21・22日が無料開放されます。

 

10月7日(土)~11月23日(木・祝)まで

名古屋城 秋祭りも開催されているのでより楽しめる事でしょう。

 

名古屋城の近くには金シャチ横丁もありますよ。

 

 

 

アクセス/地下鉄名城線「市役所」駅7番出口徒歩5分

開園時間/9:00~16:40                                  ※天守閣は現在閉館中

名古屋城 観覧料:大人/500円 名古屋市内在住高齢者/100円 中学生以下/無料

名古屋城公式ウェブサイト
名古屋城の公式ホームページです。城内の見所・料金・駐車場のご案内などをしております

名古屋市科科学館 2023年10月22日無料開放

名古屋市科学館は、名古屋まつりの日曜日に入館料が無料になります。

2023年は、10月22日が無料開放日です。

 

アクセス/地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅下車、4・5番出口から南へ徒歩5分

開館時間:9:30~17:00(入館は16:30分まで)

観覧料(展示室のみ):大人/400円、大学・高校生/200円、                                          名古屋市内在住65歳以上の方/100円、中学生以下/無料

※展示室観覧料が無料になります。

名古屋市科学館
「みて、ふれて、たしかめて」だれもが楽しみながら科学に親しめる国内屈指の総合科学館「名古屋市科学館」

 

名古屋市科学館すぐ近くには、常時無料で入館できる電気の科学館があります。

時間があれば電気の科学館にも行ってみて下さいね。

名古屋市美術館 2023年10月22日無料開放

名古屋市科学館のすぐ裏にある美術館です。

名古屋市美術館も名古屋まつりの日曜日が無料開放日です。

開館時間:9:30~17:00(入場は16:30分まで)

入館料(常設展):一般/300円、大学・高校生/200円、                   名古屋市内在住65歳以上の方/100円、中学生以下/無料

※常設展の入館料が無料になります 

名古屋市美術館 – 芸術と科学の杜・白川公園内 – Nagoya City Art Museum

去年は、娘とボテロ展を観に行きました。

たまには美術鑑賞もいいですよ。

\ お出かけにはチケット予約して行くのがお得でおすすめです /

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」

東山動植物園 2023年10月22日無料開放

東山動植物園も例年名古屋まつりの日曜日が無料開放日です。

10月7日(土)から11月19日(日)までは秋まつりも開催しています。

\ おひるね姿をパチリ 寝ててもかわいいですね~ /

アクセス/名古屋市営地下鉄東山線「東山公園」駅下車3番出口徒歩3分                     又は「星ヶ丘」駅下車徒歩7分※植物園はこちらからが便利

開園時間:9:00~16:50(入園は16:30分まで)

観覧券:大人:500円(高校生以上)、中学生以下無料

名古屋市在住の65歳以上の方:100円

※スカイタワー共通券は大人:640円、高齢者:160円

東山動植物園
名古屋市にある東山動植物園の公式サイトです

普通に遊びに行くなら事前にチケットを購入していくと並ばずにすみますよ

レジャーチケット購入サイト

  

東山スカイタワー 2023年10月22日無料開放

東山スカイタワーは東山動植物園の中にあるスカイタワーです。

東山動植物園の中からも入れますし                         外から東山スカイタワーだけに入る事もできます。

東山スカイタワーも名古屋まつりの日曜日が無料開放日です。

※7Fのスカイレストランは閉店になりました。

開館時間:9:00~21:30(入館は21:00まで)

観覧料:高校生以上:300円、中学生以下:無料

名古屋市内在住65歳以上:100円

      ※スカイタワー共通券は大人:640円、高齢者:160円

  ※スカイタワーにレストラン復活するようです。無料開放の日は行けますね!

 

周りに高い建物がないので、きれいな夜景も眺められます。

東山スカイタワー
名古屋市東山動植物園に隣接する東海随一の絶景を誇る標高214m東山スカイタワーの公式ホームページです

徳川園 2023年10月22日無料開放

徳川園は、約7,000坪もある池泉回遊式の日本庭園です。

徳川園も名古屋まつりの日曜日が無料開放日です。

アクセス/JR中央線「大曽根」駅下車南口より徒歩10分

地下鉄東山線「大曽根」駅下車3番出口より徒歩15分

名古屋市バス「徳川園新出来」停下車徒歩3分

開園時間:9:30~17:30(入園は17:00まで)

入園料:一般/高校・大学生:300円、中学生以下:無料

名古屋市内在住の65歳以上:100円

※当日は、徳川園入園料が無料になります

愛知県名古屋市の日本庭園 徳川園
尾張徳川家の邸宅跡、池泉回遊式の日本庭園、徳川園のご紹介です。

白鳥庭園 2023年10月22日無料開放

白鳥庭園も例年名古屋まつりの日曜日が無料開放日です。

アクセス/地下鉄名城線「熱田神宮西」駅下車 4番出口より徒歩約10分

開園時間:9:00~17:00(入園は16:30分まで)

入園料:大人:300円、中学生以下:無料

名古屋市内在住の65歳以上:100円

文化のみち二葉館 2023年10月22日無料開放

日本の女優第一号の旧川上定奴邸です。移築復元されて現在の場所に開館しました。

素敵すぎます~


開園時間:10:00~17:00

入館料:大人:200円 中学生以下:無料

名古屋市敬老手帳をお持ちの方 100円

文化のみち二葉館 名古屋市旧川上貞奴邸
「文化のみち二葉館」は、「日本の女優第1号」と言われる川上貞奴が大正時代に住んでいた和洋折衷の建物を、名古屋市が移築復元 したもので、2005年2月8日にオープンしました。「文化のみち」を紹介し案内するとともに、川上貞奴関連の資料や郷土ゆかりの文学資料を多数展示しています。

 

文化のみち橦木館 2023年10月22日無料開放

文化のみち二葉館のちかくに位置する文化のみち撞木館(しゅもくかん)

 

 

二葉館、撞木館両方行くべきですね

最寄り駅は市バス清水口です。

開館時間:10:00~17:00

入館料:一般:200円 中学生以下:無料

市内在住の高齢者(65歳以上):100円

 

洋館、ステンドグラス、日本家屋、園庭など見どころです。

カフェもあります。カフェの入室には普段でも入館料がいりません。

文化のみち橦木館~輸出陶磁器商の館
文化のみち橦木館は輸出陶磁器商、井元為三郎によって建てられました。その館は、都会のけん騒を忘れさせるよう静かに佇み、大正末から連なる記憶を今へ伝えています。

揚輝壮(南園)聴松閣(ちょうしょうかく) 2023年10月22日無料開放

揚輝荘(ようきそう)は、松坂屋百貨店の初代社長によって構築された別荘です。

\ 素敵な建物。一度入ってみたかったので今年こそ! /

アクセス/地下鉄東山「覚王山」駅下車1出口徒歩約10分

営業時間:9:30~16:30

聴松閣入館料:大人:300円 中学生以下:無料

市内在住の高齢者(65歳以上):100円

北園は無料

※聴松閣入館料が無料になります。

揚輝荘 公式ウェブサイト
揚輝荘は、老舗デパート松坂屋の初代社長、伊藤次郎左衛門祐民が、大正から昭和初期にかけて覚王山の丘陵地に建設。名古屋の近代における郊外別荘の代表作です

東谷山フルーツパーク 2023年10月22日無料開放

東谷山フルーツパークは、名古屋市の東北端にある果物をテーマにした

農業公園です。

アクセス/名古屋市バス(藤が丘)から「東谷山フルーツパーク」下車徒歩約15分

温室観覧料:大人:300円 中学生以下:無料

名古屋市内在住65歳以上の方:100円

フルーツパーク入園料は無料

※温室観覧料が無料になります

名古屋市東谷山フルーツパーク
東谷山フルーツパークは、名古屋市の東北端、東谷山(標高 198.3m)山麓に位置し、 豊かな緑と水と太陽、そしてさわやかな空気に恵まれた自然環境のなかにあります。

体感!しだみ古墳群ミュージアム 2023年10月22日無料開放

体感!しだみ古墳群ミュージアム(しだみゅー)は、

古墳をテーマにした珍しい博物館です。

 

東谷山フルーツパーク同様に名古屋市の中心部からは離れた場所にあります。

 

開館時間:9:00~17:00(展示室の入場は16:30まで)

展示室入館料:大人 200円、中学生以下 無料、市内在住65歳以上 100円

※展示室の入館料が無料になります。

歴史の里 しだみ古墳群

名古屋まつりの日の無料開放施設をお得に周るには?

名古屋まつりの日には、名古屋の主要な観光施設が無料開放されます。

まだ行った事のない施設やぜひ行きたい施設を

この無料開放日になるべくたくさん行ってみたいなと思っている方に

おすすめなのが ドニチエコきっぷです。

 

ドニチエコきっぷは、土曜・日曜・休日・毎月8日に

利用できるお得な1日乗車券です。

料金は大人:620円、小児:310円

 

10月7日から「名古屋まつり」を記念した

ドニチエコきっぷが発売されます!

※記念のドニチエコきっぷは大人用のみです。

 

名古屋の市バスと名古屋の地下鉄全線

名古屋観光ルートバス(メーグル)に1日乗り放題できます。

 メーグルまだ1度も乗ったことがないので乗ってみたいな~

また、名古屋市バスの定期券を持っている方と一緒に市バスに乗ると

同居されている家族は現金乗車に限り半額(大人110円、小児50円)で市バスに乗車できる

「ファミリーバス定期」というサービスを利用できます。(土、日、休日)

1ヶ所だけ行きたいという時などはドニチエコきっぷよりお得です。

詳しくはこちらから

定期券のお得で便利な使い方|名古屋市交通局

 

皆さんもドニチエコきっぷやファミリーバス定期サービスを

利用してたくさんの施設をお得に巡って下さいね。

 \ 名古屋に来たら名古屋コーチン食べてみてね /

 

名古屋まつり2023 無料開放施設まとめ

第69回名古屋まつりは、2023年10月21日(土)22日(日)に開催

10月22日(日)は、名古屋市内の観光施設12か所が無料開放されます。

  • 名古屋城(21日22日両日無料開放)
  • 名古屋市科学館
  • 名古屋市美術館
  • 東山動植物園
  • 東山スカイタワー
  • 徳川園
  • 白鳥公園
  • 文化のみち二葉館
  • 文化のみち撞木館
  • 揚輝荘(南園)聴松閣
  • 東谷山フルーツパーク
  • 体感!しだみ古墳ミュージアム

ふだんあまり行く機会のない施設や行った事がない施設にもぜひこの機会に                                          足を運んでみてくださいね。

いろいろ周るならドニチエコきっぷが便利です。

名古屋まつりの無料開施設を主に楽しみたいのなら                    21日に無料開放される施設は名古屋城だけなので

21日の午前中に名古屋城に行って、午後からパレードを観て              22日に他の行きたい無料開放施設に行くのがいいと思います。

東山スカイタワーは21時まで入館できるので                                     最後に夜景を見に行くのもいいですね。

 

今から計画を立ててお得に名古屋の施設を楽しんで下さいね。

 

名古屋まつり周辺の宿泊先はこちらから予約できます!                       ⇒楽天トラベルで宿泊先を見てみる

 

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました